燃焼スープを食べるだけで燃焼力がアップしてすっきりしたボディ

燃焼スープを食べるだけで燃焼力がアップしてすっきりしたボディ

お腹いっぱい食べてもやせられるといわれるのが燃焼スープです。燃焼スープとはキャベツ・人参・たまねぎ・セロリなどをカツオ節・昆布・鶏だしで煮て、塩とショウガで味付けしたスープです。

 

食べるだけで燃焼力がアップしてすっきりしたボディに近づきます。ダイエットというと食事制限を思いつくかもしれませんが、どうして燃焼スープを食べるほどやせることができるのでしょうか。

 

燃焼スープは体質改善のために考えられたものでした。しかし、食べた方からは冷えが解消した、肩こりが楽になったなど不調の解消だけでなく、ダイエット効果を実感しました。不調の改善だけでなくダイエット効果も得られたのは体内の毒だしが理由です。冷えや肩こりなどは体内にたまった老廃物が原因です。

 

老廃物がたまっていると血液はドロドロになり、巡りが悪くなって体の隅々に酸素や栄養を届けることができなくなるので、代謝が低下して体がどんよりとします。燃焼スープを食べることで体内の老廃物が排泄されて血液がきれいになり、巡りがよくなって代謝が高まるのです。燃焼スープが毒だしをするのは食物繊維が豊富だからです。

 

たっぷりの野菜を使用した燃焼スープには、腸の蠕動運動を促して便通をよくする食物繊維が豊富に含まれています。外食や加工食品などを食べる機会が多い方は食物繊維が不足して便秘がちです。燃焼スープで食物繊維をたくさん摂ることで、腸の働きが活発になって体の中からきれいになります。ダイエットをすると体調が悪くなるという方もいますが、燃焼スープはその心配がありません。

 

その理由は栄養素が豊富に含まれているからです。ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるので、体のバランスを崩すことがありません。材料はたまねぎ・人参・セロリ・キャベツ・トマト・ピーマン、だしにカツオ節・昆布・鶏ガラスープのもとを使用します。野菜を一口大に切って水とだしを入れ、20分ほど煮ます。柔らかくなってきたらショウガと塩で味付けをします。これを夕食の前に1杯飲みます。ただ食べるだけなので面倒くさがりでもやりやすいダイエット方法です。