気付いたら太ってしまった時にしたい運動法

気付いたら太ってしまった時にしたい運動法

仕事の付き合いで飲み会が続いてしまったり、ついついお腹が空いた時に甘い物を食べ過ぎちゃったりして、気付いたら太ってしまった!なんてことがあると思います。

 

 

ダイエットをしなければと思っても、知識がないと効果的な方法って分からないものです。そこで今回は、ダイエットに効果的な運動法と食事についてご説明します。まず運動法ですが、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて行うという方法です。無酸素運動は、筋トレや短距離走などの酸素を使わない運動で、有酸素運動は、ウォーキングやジョギング、水泳などの酸素を使う運動を指します。

 

 

ダイエットには、この2つのうち有酸素運動が良いと言われますが、それも事実です。しかし「効率的に」という観点で言えば、無酸素運動も必要です。なぜかと言うと、有酸素運動をしていると脂肪は減少していきますが、それと一緒に基礎代謝(=何もしていない状態でも消費されるエネルギーのこと)も下がるので、結果的に痩せにくい身体になってしまうんです。

 

 

痩せにくい身体にならない為には、基礎代謝が下がらないようにする必要があります。基礎代謝は、筋肉量が多いほど高くなるので、無酸素運動である筋トレなどを行って筋肉量を増やすことが大切なんです。また、無酸素運動を行うと成長ホルモンが分泌され、脂肪燃焼を促進してくれるようになるので、先に無酸素運動をしてから有酸素運動を行うという順番が一番効果的と言えます。

 

 

次に、ダイエットに効果的な食事についてです。ダイエットに必要不可欠なのは、体内の循環を良くすることです。せっかく運動で脂肪燃焼をしたとしても、そこから生まれた不要物を体外に出さなければ意味がありません。つまり、ダイエット中の便秘は絶対に厳禁なんです。よって、ダイエットに効果的な食事とは、便秘に効果的な食事だということです。そこで挙げられるのが、食物繊維の多い食べ物とヨーグルトです。

 

 

この2つは便秘に効果的だと言われていますし、炭水化物とは違ってカロリーが高くないのでダイエットにはもってこいです。もちろん肉などのタンパク質も、疲労回復や筋肉量アップには必要ですが、便秘にならない食事もダイエット中は必要不可欠なのです。いかがでしたか。どうせダイエットをするならば、効果的な方法を実践したいですよね。ぜひご紹介した方法を試して、ダイエットの効果を実感してみてください。